ミルクティーに合う紅茶

ケニヤ・カンガイタ製茶工場 CTC BP1

0106-t
0106-t
0106-t
0106-t

紅茶の新興国であるケニヤは近年生産量を増やしてきており、インド、中国に次ぐ紅茶生産国になりました。それにともない工場の新設され、品質も上がってきており、一昔前の『低品質』『劣化』等の問題もクリアされています。主に小規模茶農家が育てた茶葉をカンガイタ製茶工場で加工、世界各国へと輸出されています。

『若草のような』香りと少しの『甘み』、水色は濃いオレンジ~赤、渋味は少なく濃さの割にはあっさり感がある紅茶です。mahisaでは茶葉をたっぷり11gくらい使い、濃い目のミルクティーをお勧めしています。

80g

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  1,030(税込)

960+【税】

数量  

ミルクティー向き ★★★★★
ストレート向き ★★

名称

kenya kanngaita tea factory CTC BP1
ケニヤ・カンガイタ製茶工場 CTC BP1

原材料名

リーフティー

原産地名

ケニヤ・カンガイタ製茶工場

グレード

CTC BP1

内容量

80g

保存方法

直射日光を避けて常温保存してください。

飲み方

茶葉10〜12g お湯360cc 100℃
蒸らし時間 3分

16g / 360cc

ケニア茶は茶樹の残り香を感じるものが多く見受けられます。渋みが少ないので少量ならこの濃さでストレートティ、ミルクを入れるとバランスが良。

12g / 360cc

ミルクティの基本的な濃さです。日常使いの紅茶に。

6g / 360cc

加工がしっかりしているのと茶葉が新鮮なのでこの薄さでもしっかり紅茶してます。